企業情報

品質保証体制

品質マネジメントシステム

新光電子は、2009年 ISO9001:2008を全社で取得いたしました。
(現在の対象拠点:本社・研究所、管理センター、東京営業所、名古屋営業所、関西営業所)

最新の改定趣旨にも則り、光電子部品、光器具メーカーとして法令を遵守した生産活動を行いつつ、お客様の満足向上に努め、よりよい品質管理システムの継続的改善を行っていきます。

iso9001_clr

認証規格ISO9001:2008
認証取得日2009年11月
認証範囲光センサ及びLED、受光素子の応用製品の設計・開発、製造及び販売

技術部門

技術部では、お客様のご要望を先端的な各種設計ツールを使用して、機械・光学設計及びコンピューターシュミレーションを設計段階で行っています。3D CADによる機械的な整合性など検証することで、あらかじめ設計の問題点を顕在化し、より良い製品の提供へ努めています。また、金型設計での自動測定機器を用いた検証も行われ、設計品質の向上に役立っています。

quality-01

製造部門

製造部門では、自動はんだ実装機や、実装状態の自動外観検査装置を導入(注)。より安定、高信頼性の製品の要求にこたえられるようにしています。マニュアルのはんだ組立においても、教育、社内認定された作業員による作業を行っています。トレーサビティにおいては、レーザーマーキング装置を導入(注)。梱包単位でのLOT管理が一般的な光センサ部品において、各製品単位でのLOT管理を可能にし、より高い市場品質要求を求められるお客様の要求にもこたえられるように対応しております。

注:一部製品にて使用されています

quality-02

生産管理部門

購買部門では、部材のバーコード管理を行い、受入検査へ続く物流フローを基幹システム上リアルタイムに管理しています。また生産管理課では、協力工場の徹底した製造工程のチェックと品質の確認が行われ、日々品質維持に努めています。

quality-03

品質管理部門

品質管理部門では、グリーン調達、RoHS指令、REACHといった今日当然要求される環境にやさしい製品づくりを推進、これらをデータベース化しています。また、有害物質や騒音、水質汚濁といった環境負荷物質の管理、チェックも行っています。

quality-04

施設

新光電子は、その品質管理と製造自動化、品質向上のため先端設備を導入して顧客満足度の向上に努めています。

クリーンルーム

弊社では、発光素子、受光素子をいったディスクリート半導体製品やチップオンボードの面実装製品を組立生産できる300m2を超える広さをもつクリーンルーム設備を有しています。チップの保管から組立・成型加工、検査に至る工程を同設備内で行うことが可能です。

設備

新光電子は、光センサという先端技術を使う電子部品を扱うため、その製造、組立、検査、保管に係る様々な自動組立・検査装置、評価機器を有しています。

組立加工機器類3D 切削RPマシン
YAGレーザーマーカー
CO2レーザーマーカー
超音波溶着機
半田自動機
恒温槽
オーブン
マニュアルダイボンダー
オートダイボンダー
マニュアルワイヤボンダー
オートワイヤボンダー
樹脂充填機
ダイバーカッター
測定検査装置類他自動特性選別機
3D 自動位置決めステージ
測定機付きマイクロスコープ
3D デジタルスコープ
3次元測定機
自動PWA検査機
カーブトレーサー
デジタルオシロスコープ
デジタルプログラマブルジェネレーター
マルチメーター
デジタルピコアンプメーター
PLC検査回路装置 他
CADツール3D CAD
2D CAD
光学設計ソフト
PC回路設計ソフト
分析装置走査型電子顕微鏡
X線透過検査装置
蛍光X線測定装置